ぷれぽ

【ぷれぽ】音楽祭看板を設置しました!

更新日:2021年07月12日

劇場周辺に天鈿女命(アメノウズメノミコト)が降臨!?
7月5日(月)から、音楽祭終了まで第26回宮崎国際音楽祭の看板を設置しています。メインビジュアルの天鈿女命(アメノウズメノミコト)を描いたのは、今年2月で102歳を迎えた宮崎県西都市の画家、弥勒祐徳(みろくすけのり)画伯、90歳の時の作品です。
正面玄関、西口、東の道路沿いに飾られています。音楽祭の看板としてだけでなく、一つの作品としてもご覧ください。おすすめは東の道路沿いの看板!大きなサイズなので、絵の細かなところまで間近で見ることができますよ。
夏の開催まであと3週間ほど。無事音楽祭が開催されることを祈るばかりです。皆さまと劇場でお会いできることを心よりお待ちしております!